プロジェクトサポート企業

  • (50音順)
  • (50音順)

活動報告~自治体・その他との協定~

  • 2014年度の活動
  • 2015年度の活動
  • 2016年度の活動

2016年10月7日(金)

山梨県南都留郡山中湖村との防災協定を締結。

◆調印式出席畳店:権正畳本店 権正恭一(山中湖村との連絡店)、青山畳店 青山雄二(甲府市)、中沢畳店 中沢享道(都留市)、㈲権正畳店 権正哲夫(富士吉田市)、堀田畳工業所 堀田登喜夫(山梨県幹事店)、小澤畳工業所 小澤一幸(甲信地区広報)、㈱インテック左右田 左右田光(甲信地区委員長)

山梨県南都留郡山中湖村との防災協定を締結。 山梨県南都留郡山中湖村との防災協定を締結。

2016年10月4日(火)

岐阜県恵那市との防災協定を締結。

◆調印式出席畳店:三宅畳店 三宅秀明・三沢悠介(恵那市との連絡店)、中部井上㈱ 宮沢礼秀、㈱国枝 國枝幹生(東海地区委員長)

岐阜県恵那市との防災協定を締結。 岐阜県恵那市との防災協定を締結。

2016年10月3日(月)

広島県海田町との防災協定を締結。

◆調印式出席畳店:和ごころ工房(海田市との連絡店)、広島畳材(中国地区委員長)

広島県海田町との防災協定を締結。

2016年9月29日(木)

宮崎県宮崎市との防災協定を締結。

◆調印式出席畳店:イマムラ、とくどめたたみ屋、丸山畳店、浜田畳・襖店、武田畳店、倉崎商店

宮崎県宮崎市との防災協定を締結。 宮崎県宮崎市との防災協定を締結。

2016年9月21日(水)

栃木県真岡市との防災協定を締結。

◆調印式出席畳店:小堀文夫(小堀畳店)、枝和裕(枝製畳)、谷口和彦(谷口畳店)、石川敬一(石川畳店/栃木県幹事)、坂井俊彦(宇都宮畳工業/関東地区委員長)

栃木県真岡市との防災協定を締結。 栃木県真岡市との防災協定を締結。

2016年9月15日(木)

大阪府泉佐野市との防災協定を締結。

千代松大輔市長様より「平常時における防災訓練や、民間企業、諸団体様との連携を図りながら、地域防災力の向上に努めているところ、こうしたお申し出をいただき、非常に有難いことです。」とのお言葉をいただきました。
◆調印式出席畳店:小藪晋介(小藪商店)、上村昭義(上村畳店)、岡本孝史(岡長商店/近畿地区委員長)

大阪府泉佐野市との防災協定を締結。

2016年9月12日(月)

岐阜県岐阜市との防災協定を締結。

40年前の9月12日、この地方は台風17号によって大きな被害をうけたそうです。いつ起こるかわからない災害に、畳店としてできることで地域の皆さんと一緒に備えていきたいと思います。
◆調印式出席畳店:石河恒夫(アールエフインクワイアリー)、名和篤史(名和畳店)、森守正(森畳店)、恩田義久(有限会社 恩田商店/サポート企業様)、國枝幹生(国枝/東海地区委員長)

岐阜県岐阜市との防災協定を締結。 岐阜県岐阜市との防災協定を締結。

2016年9月8日(木)

兵庫県加西市との防災協定を締結。

西村和平市長様より「あらゆる災害に対して、あらかじめの準備が大切。 市としてもできる限りの体制を整えていきますが、いざという時は地域の皆様のチカラも必要。これからも連携を図っていきましょう。日本の生活に根付いた畳が届くというのは本当に有難いことです。」とのお言葉をいただきました。
◆調印式出席畳店:高橋克仁(高橋畳店)、平方一彦(平方畳店)、藤原永充(藤原畳店)、森岡豊尚(森岡畳店)、大亀亨(播磨畳内装工房)

兵庫県加西市との防災協定を締結。 兵庫県加西市との防災協定を締結。

2016年8月31日(水)

東京都日野市との防災協定を締結。

大坪冬彦市長様より「私も日野市の防災宿泊訓練で冷たく硬い床で過ごす体験をした事があります。避難所が開設された際には畳のチカラで心身の痛みをやわらげていただけること、大変ありがたく思ってます。」とのお言葉をいただきました。
◆調印式出席畳店:大久保正徳(大久保畳店)、半澤一男(半澤畳店)、常川久吉(高岡屋常川畳店)、岡田暁夫(岡田本店/関東地区委員長)、小川崇(東和小川畳店/関東地区広報)

東京都日野市との防災協定を締結。 東京都日野市との防災協定を締結。

2016年8月29日(月)

岐阜県高山市との防災協定を締結。

國島芳明市長様より「活断層による地震災害、活火山による火山災害等が心配される当市において、今回の協定締結はとてもありがたいことです。 我々が普段より慣れ親しんだ畳が避難所の床に敷かれることは避難された方々の心の癒しになることと思います。」とのお言葉をいただきました。
◆調印式出席畳店:松葉清幸(松葉製畳)、松井幸生(松井畳店)、成瀬巧(成瀬製畳)、國枝幹生(国枝/岐阜県幹事店)

岐阜県高山市との防災協定を締結。 岐阜県高山市との防災協定を締結。

2016年8月25日(木)

兵庫県加古川市との防災協定を締結。

岡田康裕市長様より「市役所としてもできる限りの備えや対応をしていきますが、自助・共助・互助、こうした民間の力の結集は心強い限りです。」とのお言葉をいただきました。
◆調印式出席畳店:加古川市/平方一彦(平方畳店)、森田敏彦(森田製畳店)、藤原永充(藤原商店)、明石市/森岡豊尚(森岡畳店)、林田桂司(林田畳店)、高橋克仁(高橋畳店)、播磨町/大亀亨(播磨畳内装工房)

兵庫県加古川市との防災協定を締結。 兵庫県加古川市との防災協定を締結。

2016年8月18日(木)

静岡県静岡市との防災協定を締結。

田辺信宏市長様より「避難所という制約が多くなる空間に皆さんの気持ちがこもった畳。日常に少しでも近づけるというのは大変ありがたいことです。」とのお言葉をいただきました。
◆調印式出席畳店:名和篤史(名和畳店)、石河恒夫(石河製畳店)、國枝幹生(国枝)

静岡県静岡市との防災協定を締結。 静岡県静岡市との防災協定を締結。

2016年8月17日(水)

岐阜県山県市との防災協定を締結。

林宏優市長様より「避難所の厳しい環境をやわらげてくれる畳が届くというのは、本当に有難いことです。いざという時の対応について協力体制を柔軟に考えます、日頃からお互いに連携を図っていきましょう。」とのお言葉をいただきました。
◆調印式出席畳店:名和篤史(名和畳店)、石河恒夫(石河製畳店)、國枝幹生(国枝)

岐阜県山県市との防災協定を締結。

2016年8月2日(火)

岐阜県羽島市との防災協定を締結。

松井聡市長様より「阪神淡路大震災では、被災地にかけつけ十日間くらい避難所に居りました。日にちが経つにつれ必要物資が変化していくのを経験しました。床の冷たさ硬さを改善する必要性も感じておりましたので、この協定は被災者にとってとても有難いものだと思います。」とのお言葉をいただきました。
◆調印式出席畳店:大塚康雄(おおつか畳店)、三宅克博(三宅製畳)、國枝幹生(国枝)

岐阜県羽島市との防災協定を締結。

2016年7月14日(木)

山梨県甲府市との防災協定を締結。

樋口雄一市長様より「あってはなりませんが、もしもの時には、湿度調整・クッション性・音の吸収効果・リラックス効果等の畳の持っている力が、避難所生活を送る被災者の心身の痛みを和らげてくれることでしょう。」とのお言葉をいただきました。
◆調印式出席畳店:小澤一幸(小澤畳工業所)、青山雄二(青山畳店)、塩沢政博(塩沢畳店)、中沢享道(中沢畳店)、斉藤孝(斉藤畳製作所)、堀田登喜夫(堀田畳工業所)

山梨県甲府市との防災協定を締結。 山梨県甲府市との防災協定を締結。

2016年7月14日(木)

山梨県都留市との防災協定を締結。

堀内富久市長様より「関係機関との連携を推進しながら、自主防災など市民の皆さんも主体となった安全安心な都留市を目指しているところ。今回の協定は避難所の環境も改善され、大変心強いものになります。」とのお言葉をいただきました。
◆調印式出席畳店:中沢享道(中沢畳店)、権正恭一(権正畳本店)、権正哲夫(権正畳店)、深澤郁(深澤畳店)、左右田光(インテック左右田)

山梨県都留市との防災協定を締結。

2016年7月14日(木)

茨城県猿島郡五霞町との防災協定を締結。

染谷森雄町長様より「各地での災害により身の周りの災害の備えや地域での連携など改めて災害対策の重要性が増してきています。 災害の発生直後に於ける応急対策を進める上で、町としても心強く感じております。」とのお言葉をいただきました。
◆調印式出席畳店:関川恵一(関川畳商店)、渡沼克美(渡沼畳店)、小川崇(東和小川畳店)

茨城県猿島郡五霞町との防災協定を締結。 茨城県猿島郡五霞町との防災協定を締結。

2016年7月13日(水)

山梨県笛吹市との防災協定を締結。

倉嶋清次市長様より「雨風をしのぐだけの避難所。そういう意識からの脱却という意味においても貴重な協定だと思っています。実際に発動されることが無いことが一番ですが、この全国の畳店の志が拡がっていきますように。」とのお言葉をいただきました。
調印式のあと市長室にお招きいただきました。 農林水産省でのご経験から、熊本県八代市のイグサのことや、直面している問題についても詳しくご存じで、畳の今までやこれからについても一緒に話し合えるという有難い時間。畳には美と機能がる。とおっしゃっていただきました。
◆調印式出席畳店:斉藤孝(斉藤畳製作所)、村松智之(村松畳店)、堀田登喜夫(堀田畳製作所/山梨県幹事店)、左右田光(インテック左右田)

山梨県笛吹市との防災協定を締結。 山梨県笛吹市との防災協定を締結。

2016年7月8日(金)

千葉県市川市との防災協定を締結。

大久保博市長様より「水・食料・毛布といった基本的な物資はもちろんですが、昨今の避難所状況から鑑みると、避難所の環境を少しでも良くしていく準備が必要です。今回の協定は避難所生活を強いられる方にとって非常にありがたい事です。」とのお言葉をいただきました。
◆調印式出席畳店:長谷川畳店、鳥光畳店、関川畳商店(関東地区委員長)

千葉県市川市との防災協定を締結。

2016年7月6日(水)

高知県土佐市との防災協定を締結。

土佐市 板原啓文市長様より「避難所でも畳が癒してくれることでしょう。誰もが畳の上で横になりたいと思います。」とのお言葉をいただきました。
◆調印式出席畳店:神田嶂(神田畳商店)、岡村友喜(岡村畳店)、池上仁(畳いけうえ)、野村泰徳(野村商店/プロジェクトサポート企業様)

高知県土佐市との防災協定を締結。 高知県土佐市との防災協定を締結。

2016年6月29日(水)

岐阜県大野町との防災協定を締結。

大野町 宇佐美晃三町長様より「125年前とはいえ、大きな震災を経験した大野町。いざというときに町民皆さんの痛みをやわらげていただける活動に敬意と感謝を申し上げます。日頃平常時の連携も必要です、10月の総合防災訓練も是非ご一緒しましょう。」とのお言葉をいただきました。
◆調印式出席畳店:國枝幹生(国枝/岐阜県幹事店)、野口育夫(畳工房のぐち)、石河恒夫(石河製畳店)

岐阜県大野町との防災協定を締結。

2016年6月21日(火)

大阪府大東市との防災協定を締結。

大東市・東坂浩一市長様より「畳は安心の象徴だと思います。避難所における健康維持だけでなく、コミュニケーションの増進にも役立つのではないでしょうか。」とのお言葉をいただきました。
◆調印式出席畳店:武内秀介(関西畳工業)、上村勇一(うえむら畳商店)、吉金英明(吉金畳商店)、飯田良太郎(大阪川島商店)

大阪府大東市との防災協定を締結。 大阪府大東市との防災協定を締結。

2016年6月2日(木)

千葉県旭市との防災協定を締結。

旭市・明智忠直市長様より「我が市も、5年前の東日本大震災時に被災をし、3000人からの避難者がでました。当時の避難所の状況も分かっておりますし、高齢者の方々には畳があればと思った事もありました。今回の5000枚の約束プロジェクトとの調印式は大変ありがたく感じております。」とのお言葉をいただきました。
◆調印式出席畳店:小久保畳店、オサダ、関川畳商店

千葉県旭市との防災協定を締結。

2016年5月31日(火)

奈良県田原本町との防災協定を締結。

森 章浩 田原本町長様より「田原本町の60周年の節目に、このような協定を結べたことはとても有りがたいです。日本人の心ともいえる畳で、事前の備えができることを心強く思います。」とのお言葉をいただきました。
◆調印式出席畳店:織田畳店、塚本畳商店、関西畳工業

奈良県田原本町との防災協定を締結。 奈良県田原本町との防災協定を締結。

2016年5月27日(金)

静岡県富士宮市との防災協定を締結。

富士宮市・須藤秀忠市長様より「避難所での厳しい生活を余儀なくされている方にとって、冷たい床に届く畳は神様からの贈り物だと感じられるのではないでしょうか。」とのお言葉をいただきました。
◆調印式出席畳店:立宿 望月畳店、田中畳工業、東和小川畳店

静岡県富士宮市との防災協定を締結。 静岡県富士宮市との防災協定を締結。

2016年5月23日(月)

山梨県中央市との防災協定を締結。

田中久雄市長様に私達の活動を大変評価していただき、協定調印となりました。あってはなならいもしもの時に備えた平常時の活動についても連携を図っていただけることになりました。
◆調印式出席畳店:堀田畳製作所、小澤畳工業所店、塩沢畳店、青山畳店、権正畳本店

山梨県中央市との防災協定を締結。

2016年5月18日(水)

東京都狛江市との防災協定を締結。

2016年5月16日(月)

栃木県日光市との防災協定を締結。

日光市・斉藤文夫市長様より「畳は避難所に安らぎを与えてくれるでしょう。 災害はいつ起こるかわかりません、こうして前もって連携できることを有難く思います。」とのお言葉をいただきました。
◆調印式出席畳店:坂井俊彦、松沢畳店、石川畳店

栃木県日光市との防災協定を締結。 栃木県日光市との防災協定を締結。

2016年5月13日(金)

岐阜県海津市との防災協定を締結。

海津市・松永清彦市長様より「あってはならないことですが避難所に畳があるとないのでは住環境、衛生面で全く違います。大変有難いです。」とのお言葉をいただきました。
◆調印式出席畳店:国枝、大橋畳店、小畑畳店、三宅製畳、樋口たたみ店、高木畳店、関西畳工業、東海機器工業(株)/サポート企業様

埼玉県所沢市との防災協定を締結。 埼玉県所沢市との防災協定を締結。

2016年4月22日(金)

埼玉県所沢市との防災協定を締結。

所沢市・藤本正人市長様より「熊本・大分での地震を目の当たりにしている中、市民にとってもとてもありがたく思います。 地元の畳店からご提案があったことも嬉しく思っています。」とのお言葉をいただきました。
◆出席畳店:岡田暁夫、関昭悟(セキ畳店)、東和小川畳店、東海機器工業(株)/サポート企業様

埼玉県所沢市との防災協定を締結。

2016年4月21日(木)

埼玉県富士見市との防災協定を締結。

富士見市・星野信吾市長様より「安全・安心なまちづくりを進めている富士見市としても、本活動に感謝しています。」とのお言葉をいただきました。
◆出席畳店:岡田暁夫、秋元昌希(アキモト)、東和小川畳店

埼玉県富士見市との防災協定を締結。

2016年4月21日(木)

千葉県浦安市との防災協定を締結。

浦安市・松崎秀樹市長様より「私は畳の上で育ってきたので、今でも畳の部屋はリラックスできる空間です。災害が無いのが願いですが、もし災害がおきた時に畳が届いたら、ありがたく感謝します。」とのお言葉をいただきました。
◆出席畳店:坂井俊彦、新藤一郎(新藤商店)、(株)備後屋/サポート企業、極東産機(株)/サポート企業

千葉県浦安市との防災協定を締結。

2016年3月30日(水)

神奈川県足柄上郡大井町との防災協定を締結。

間宮恒行町長様より「町の防災行事として町民の皆様と避難所となる体育館で一晩過ごしたりしています。あの環境に畳があるというのは本当に有難いことです。 畳の癒し効果だけでなく、音や振動を吸収する効果も大いに役立つことだと思います。」とのお言葉をいただきました。
◆出席畳店:三谷誠(三谷たたみ店)、佐藤清孝(丸清)

神奈川県平塚市との防災協定を締結。 神奈川県平塚市との防災協定を締結。

2016年3月30日(水)

神奈川県平塚市との防災協定を締結。

平塚市・落合克宏市長様より「日本の伝統として慣れ親しんできた畳を避難所に届けてもらえることは、避難者に心の安らぎも届けていただけることだと思います。」とのお言葉をいただきました。
◆出席畳店:清田道宏弘(RUSHART清田畳店)、内田祐之(内田畳店)、小野延哉(小野畳店)、原剛史(原製畳所)、原宗一郎(原文畳店)、平井俊夫(平井畳店)、古尾谷豊(古尾谷畳店)、佐藤清孝(丸清)

神奈川県平塚市との防災協定を締結。 神奈川県平塚市との防災協定を締結。

2016年3月29日(火)

三重県亀山市との防災協定を締結。

櫻井義之市長様より「畳そのものの効果だけでなく、全国から畳が届くということは厳しい環境にいる避難者の心に届くものがあると思います。」とのお言葉をいただきました。
◆出席畳店:大平雅章(大平畳製造所)、浅井一喜(中部畳材)

三重県亀山市との防災協定を締結。 三重県亀山市との防災協定を締結。

2016年3月29日(火)

長野県長野市との防災協定を締結。

加藤久雄市長様より「災害が頻発する昨今、みなさまの取組みは長野市の災害対策にとってもたいへん大きなチカラとなります。」とのお言葉をいただきました。
◆出席畳店:長野市/左右田光(インテック左右田)、北澤孔一(北沢畳製作所)、山口信夫(山口畳店)、飯田和喜(飯田畳店)、山口俊雄(山口畳店)、半藤学(半藤畳店)
須坂市/枦山利生(タタミクス)、深澤利幸(トータルタタミサービス)、松本隆(松本製畳)、植村守(植村畳)

長野県長野市との防災協定を締結。 長野県長野市との防災協定を締結。

2016年3月16日(水)

神奈川県厚木市との防災協定を締結。

小林常良市長様より「避難所生活が長くなるほど、畳の良さを感じることでしょう。 シート等とは違って厳しい生活に癒しやすごしやすさをもたらすと思います。 お互い防災意識を高め、災害時に対応していきましょう。」とのお言葉をいただきました。
◆出席畳店:佐藤清孝(丸清)、小嶋光広(マルコ住総)、植村守(植村畳)

神奈川県厚木市との防災協定を締結。

2016年3月15日(火)

栃木県芳賀郡茂木町との防災協定を締結。

古口達也町長様より「避難が必要な災害時には、畳が有る施設を避難所としていました。この協定により、今後は体育館も避難所とすることができます。 そんな災害は起こってほしくありませんが、いざという時に町民の皆様に少しでも安らぎを与えることができると思います。」とのお言葉をいただきました。
◆出席畳店:横山茂樹(横山製畳)、小原沢隆(小原沢畳店)、大関勇(大関畳工業)、坂井俊彦(宇都宮畳工業)、石川敬一(石川畳店)、植村守(植村畳)

栃木県芳賀郡茂木町との防災協定を締結。 栃木県芳賀郡茂木町との防災協定を締結。

2016年3月5日(土)

茨城県坂東市の消防春季点検式に出席し、防災協定を締結しました。

茨城県坂東市消防春季点検式に出席。会場で当プロジェクトとの防災協定締結をご紹介いただきました。昨年の豪雨災害により延期となっていた調印式を、とのご配慮から。 豪雨災害時には私達が常総市との連携を図れていなかった為、お隣の坂東市が間に入ってご協力くださいました。
◆出席畳店:淡島畳産業

茨城県坂東市との防災協定を締結。 茨城県坂東市との防災協定を締結。

2016年2月29日(月)

愛知県豊橋市との防災協定を締結。

◆出席畳店:及部一登(及部畳店)、角田和春(畳のツノダ)、武内秀介(関西畳工業)、(有)鍋屋商店/プロジェクトサポート企業、東海機器工業(株)/プロジェクトサポート企業

愛知県豊橋市との防災協定を締結。

2016年2月5日(金)

滋賀県米原市との防災協定を締結。

平尾道雄市長様より「新しい畳を床の上に並べてもらえるだけで、良い香りがして冷たさも防ぐことができ、避難された方の気持ちを和らげることにつながるでしょう。良い提案をして頂きありがとうございます。」とお言葉をいただきました。
◆ 調印式出席畳店:的場貴之(的場たたみ店)、武内秀介(関西畳工業)、田村康之(田村製畳)

滋賀県米原市との防災協定を締結。 滋賀県米原市との防災協定を締結。

2016年1月30日(土)

山口県下関市との防災協定を締結。

最近は、避難所生活が長期化する災害が増えてきています。下関市として、物資の備蓄も含めた避難所の環境を整える対策を進めているところ、このお申し出は本当に有り難く思います。今日の調印を機に平常時の防災訓練も含めて連携を深めていきましょう。(中尾友昭 下関市長様より)
調印式出席畳店→西日本畳(矢冨丈治/下関市との連絡窓口店)、広島畳材(山下幸彦/プロジェクト理事)

山口県下関市との防災協定を締結。 山口県下関市との防災協定を締結。

2016年1月21日(木)

愛知県春日井市との防災協定を締結。

あの肌触り、あの香り。畳のもつ優しさが、避難されている方々の気持ちをどれだけやわらげてくれることでしょうか。もしもの時に備えて連携を深めましょう。(伊藤太春日井市長様より )
調印式出席畳店→石黒畳店(石黒美津夫/春日井市との連絡窓口店)、国際加工(鈴木卓夫)、畳のツノダ(角田和春/愛知県幹事店)
プロジェクトサポート企業 東海機器工業(株)

愛知県春日井市との防災協定を締結。

2016年1月19日(火)

埼玉県新座市との防災協定を締結。

新座市は地盤の固さに恵まれた立地であるとはいえ、いつなんどきなにが起こるかわかりません。自助共助で対応できるように取り組んでいるところ、本当に有難い連携のお申し出をいただきました。この協定を機に、いざというときの連携を深めていきましょう。(須田健治新座市長様より)
写真左:左から岡田本店(岡田暁生)、前田敏康、須田健治市長、斉藤畳店(斉藤賢二)

新座市との防災協定を締結。 新座市との防災協定を締結。